アーユルヴェーダ式・プラクリティ(体質)

アーユルヴェーダは「個の医学」とも言われており、

それは、その人が生まれ持った性質(個人差)を

重要視しているからです。

 

これをその人の体質や本質(プラクリティ)と呼び、

それは生涯変わらないので、

このプラクリティのバランスをとることが、

心身の健康に結びつくと考えられています。

美肌・美ボディーが叶えられる前提として、心身ともに健康であることが第一条件になります。

ですから、理想の容姿を手に入れるうえで

このアーユルヴェーダが必要になってきますし、

自身のプラクリティ(体質)にあった生活を心がけることが大切なのです。

そして、アーユルヴェーダで言う、

プラクリティ(体質)診断とは、トリ・ドーシャの事で、

これは私たちの生命エネルギーである、【五大元素】つまり、

「地・水・火・風・空」の5つのエネルギーから

導き出される性質(ドーシャ)の事です。

ドーシャは大きく分けて3つの性質がありますが、

その他には複合型と言って、

別々の性質が合わさった性質の人もいます。

どちらかというと、単独タイプの人の方がまれで、

組み合わせによって7~10パターンのタイプに分けられます。

ここでは基本的な3つのドーシャの特徴をご紹介します。

【ヴァ―タ体質】

ヴァ―タ体質は「風」と「空」のエネルギーを持ち、

風のように移り変わりやすいのが特徴です。

風の性質ということで、文字通り、

風のような軽さと順応性を持っています。

歩く・話す・考えるなどの

すべての行動が早いのがヴァ―タの特徴です。

ヴァ―タが増えすぎてしまうと

風と空が持つ冷たさや乾燥が強くなり、

身体が冷えてカサカサになったり、

髪の毛も乾燥してフケや枝毛が増えることがあります。

そして、心はストレスを感じやすくなり、

緊張や不安感から空虚感を伴った

うつ症状が出ることもあるので注意が必要です。

 

『ヴァ―タの人の特徴』

  • 痩せ型
  • 冷え性
  • 便秘
  • 乾燥肌

 

 

【ピッタ体質】

ピッタ体質は「火」と「水」のエネルギーを持ち、

情熱的な心をもって突き進むのが特徴です。

知的で情熱的でチャレンジ精神が旺盛なピッタ。

火の性質は消化を意味し、

体温が高く、消化力や代謝が良いのが

ピッタの特徴です。

ピッタが増えすぎてしまうと、

異常なまでに汗っかきになったり、

湿疹や蕁麻疹が出ることも。

そして、炎が燃え上がるように怒りっぽくイライラしたり、

嫉妬深く批判的になったりするので注意が必要です

 

『ピッタの人の特徴』

  • 食欲旺盛
  • 快便
  • 柔軟性
  • オイリー肌
  • 髪にコシがない

 

 

【カパ体質】

カパ体質は「地」と「水」のエネルギーを持ち、

揺るがない大地のように安定した心で

安心感を与えてくれるのが特徴です。

おっとりしていて優しく、

文字通り地に足が付いたタイプのカパ。

3つのドーシャ体質の中でも一番体力があるのがカパの特徴です。

カパが増えすぎてしまうと、

異常にめんどくさがりになったり、

おおざっぱになったりします。

そして、持ち前の辛抱強さが裏目に出てしまい、

執念深くなり、人や物に執着してしまいがちになりますので注意が必要です。

  • 体力・持久力がある
  • 髪に艶がある
  • 肌は白い
  • 体格がいい
  • 太りやすい

 

 

以上がそれぞれ持っている性質の特徴ですが、

生活環境や習慣によってドーシャバランスが崩れてしまうと、

それぞれの良い部分だけではなく、

悪い部分が優位になってしまうことがありますので、

まずは、自分がどのプラクリティ(体質)を

持っているのかを把握して、バランスを整えてあげることが大切です。

当サロンでは、必要に応じてこのドーシャチェックも行っており、

皆様の性質を最大限に活かせるようにアーユルヴェーダを提供しております。

その他わからないことがございましたらお気軽にご相談ください。

小倉北区本格隠れ家サロン